売れない芸人ドキュメント動画や裏話も配信中!

無観客の「お笑いライブ」について思うこと

どうも、底辺芸人です。

最近はコロナウイルスの影響で、相次いでお笑いライブが中止や延期になっています。

そんな中、無観客でお笑いライブを実施し「配信してお客様に観て貰う」という新しい形のライブも増えてきました。

今回はそんな無観客のお笑いライブについて思うことを僕なりに書いていきたいと思います。

無観客の「お笑いライブ」

まず一番に思うことは、お客様あってのお笑いライブということです。

無観客では成立しないとまでは思いませんが、大きな会場でも小さな会場でも客席に誰もいないというのは、とても寂しいものがあります。

漫才でもコントでもギャグでも芸人と言うのは舞台上で「笑わせるための何か」をします。そんな時に目の前に誰もいないというのは、とても悲しいことです。

僕自身は普段から大勢の前でネタをする機会が殆どないので状況によっては無観客に近い状態でネタをしたこともありました。

※お客様が一人の時はありましたが、未だに0は無いです。

それでも誰もいない会場となると全く違って来るのでしょう。状況で言うのならネタ練習と変わりませんからね。

そして、無観客でお笑いライブをすることで発生する問題もあります。

無観客で発生する一番の問題

無観客でお笑いライブをした時に発生する一番の問題は当たり前ですが「笑い声」が無いことです。テレビや無観客配信などを観ていても違和感を感じることもあります。

そもそも、笑い声が無いと何が問題なのかを考えてみましょう。

面白いネタも笑いにくくなる

これに関しては人によると思いますが、無観客では無かったらもっと笑えるんだろうなあ、と思えるネタは沢山あります。

普通にテレビやライブを観ていても周りが笑っているから自分も笑ってしまう。所謂「つられ笑い」みたいな状況になることもあります。

例えばお客様が大勢入っている会場で自分一人だけ笑うという行為は少し恥ずかしい気持ちになります。これが周りも一緒に笑っているのなら堂々と笑うことができます。

分かりやすく言うのなら「笑いやすくなる」ということですね。面白いんだけど一人だと笑いにくい…。そんな心理です。

笑えなければネタの面白さは半減してしまいますし、笑いたいのに笑いにくい、そんな状況で観るネタは面白くないと思います。

笑い声があるから面白い部分。笑い声が無ければ面白いとして成立しない部分は必ずあると思います。

無観客の影響は他にもあります。

笑いどころが分からなくなる

これは「笑いにくくなる」と近い部分もありますが、ネタの笑いどころが分かりにくくなってしまう点もあるのではないかと僕は思いました。

面白い部分で笑うというのは、言ってしまえば答え合わせみたいなものです。芸人が面白いことをして自分が笑う。周りも笑う。これで正解です。

ですが、無観客の場合は面白いことをしても笑いが起きません。ちょっとした表情のボケやフリなど笑いの種類にも大きさがあります。周りとの答え合わせが出来ないので、今の部分は笑う場所だったのかな…?そんな風に感じてしまうこともあります。

これは大袈裟ですが「今からボケます!今の部分がボケです!」と宣言があればスベっても明らかにボケだと分かりますが、そうではない場合「今のはボケだったのか…?」で終わってしまう場合もあります。

面白さの感じ方は人それぞれなので、ちょっとしたことでも笑う人、明らかなボケでないと笑わない人、様々です。普通のお笑いライブでは、そういった人たちが集まるので「笑い」にも程よいバラつきが生まれます。

ですが、無観客、配信と言うのは完全に一人の世界です。自分の笑いどころが全てになってしまいます。

勿論、好きなところで笑うべきですし笑い方にルールなどありません。

ただ、無観客のお笑いライブを観ていて、今の部分はボケだったのか!等と思うこともあります。そんな部分も笑い声があれば、言い方は悪いですが「何となくで笑える」訳です。

芸人の視点で思った事

そんな中、芸人の視点で思った事があります。

「笑い声」と言うのは芸人側としても非常に重要な点です。ウケる、ウケないの判断材料にもなりますし、ネタの中での「スパイス」になることもあります。

芸人の視点と言っても、これは芸風や考え方による部分が大きいので完全に僕の意見ですが、常に無観客のイメージでネタを考える。ということも大切なのではないのかなと思いました。

最初に言ったようにライブと言うものは、お客様あってのものです。ですが、実際に無観客になって分かることは、笑い声もボケの一つになっているということです。

つまり、笑い声に助けられていた部分と言うのは必ずあると思います。なので、笑い声に助けられないようなネタを考えることも大切なのではないかと僕は思います。

誰がどんな状態で観ても「ここが笑い所だ!」と分かるようなネタ。笑い声に左右されないようなネタを作ることも大切だと思いました。

これに関しては完全に僕の意見ですし、無観客のお笑いライブを観ていて感じたことです。笑いやすさだけが全てでは無いですし僕なんかに何の説得力もありません。

改めてお笑いは奥が深いと感じました。そして、色々と言ってきましたが、

多くのお客様の前でネタができることが一番ですし、お笑いライブはお客様あってのもの。これだけは確かだと思います。

ありがとうございました。

(Visited 40 times, 1 visits today)







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUT US

芸人
芸人です。あまり知られることの無い売れない下積み芸人の世界を知って貰いたくてブログを始めました。 「売れない」に焦点を当てたリアルな記事を書いていきます。 YouTubeでも動画配信しています。芸人を目指す方は必見の知識や裏話をしています。